【リノベーション体験談】住宅ローンはどこで借りるかをどうやって決めた?【おすすめサービスあり】

住宅ローンはどこで借りるかをどうやって決めた?

私たちは2021~2022年に中古戸建を購入し、リノベーションを行いました。

インターネットで先人の体験記を見ながらスマートに達成したかったのですが、現実はすったもんだです。

これから中古物件を購入してリノベーションをされる方が増えるかもと思い、私たちも体験談をブログに記すことにしました。


この記事はこんな事がわかります!
  • 住宅ローンの比較・申込ができるおすすめサービスについて
  • 住宅ローンの仮審査を早めにしておくメリットと注意点

住宅を購入する際、現金一括購入でないなら住宅ローンを利用する事になりますが、取り扱っている金融機関がたくさんあるので、

いそむ

たくさんありすぎ問題。
どこにすればいいのやら。。。

と、すごく迷いました。

結論から言うと、

  • リノベーション会社の担当者から勧められた銀行
  • 比較サイトで上位だった銀行

を中心に、複数の金融機関を比較サービスのウェブサイトで探しました。

振り返ってみると、住宅ローンに関しては『いくつかの金融機関に審査を依頼する』事がとても重要なのではないかと思います。

この記事では、我が家が住宅ローンを選んだ方法や、実際にやってみて良いと感じた仮審査のタイミングや注意点についてをまとめました。

また、別記事で我が家の住宅ローンに関する一通りの体験談をまとめましたので、ご興味がありましたら、以下の2記事も併せてチェックしてみてください。

目次

住宅ローンの審査を行うタイミングは?

住宅ローンを融資してもらうまでの流れは、だいたい以下のような流れです。

  • 物件を探す前に大体の予算を決める。
  • 仮審査(1):物件は決まっていないが、いくらまで借りれるかを把握する為の審査。
  • 物件探しをする。
  • 購入したい物件に購入申込する。
  • 仮審査(2):購入したい物件に対して融資してもらえるか確認する為の審査。
  • 物件の売買契約をする。
  • 本審査:通れば住宅ローンを契約。
  • 住宅ローン融資実行・決済される。

こんな感じで、住宅ローンの審査は仮審査1~2回+本審査1回となる事が多いようです。

いそむ

仮審査は、本当は『事前審査』が正しい呼び方らしいです。

いーちご

でも、このブログでは仮審査の名称で統一します。

金融機関にもよりますが、仮審査は物件が決まっていなくても受けられますので、あなたが「物件探しが長くなりそうだ」と思えば、上記の(1)から行うと良いかもしれません。

気になる物件が割と早く見つかった場合は(3)からのスタートになるかと思います。

私たちの場合は後者だったので、物件の内見を依頼した時、同時進行でリノベーション会社から仮審査の手続きを勧められました。

なので、気に入った物件を見つけ次第、並行して仮審査の手続きを行うのが良いタイミングではないかな?と思います。

住宅ローンの仮審査を早めにしておくメリット

物件探しを効率化できる

仮審査の結果が出ると、借り入れ可能額の目安がわかります。

その為、物件探しに当たって予算に合った物件を効率的に探せます。

仮審査を後回しにすると、物件を気に入ってから仮審査を受けた時に借り入れ可能額が足りず、購入を断念しなければならない事もあります。

複数の金融機関から比較検討できる

仮審査は、基本的に無料で受けることができます。

その為、複数の金融機関から仮審査を受けて比較・検討する事で、自分に合った住宅ローンを見つけられます。

購入の意思表示ができる

仮審査を行う事で、リノベーション会社や不動産会社に対して、購入の意思表示ができます。

仮審査を通過していないと、優先的に物件を紹介してもらえないなんて事もあるかもしれません。

具体的には、以下のようなケースで仮審査を早めにしておくと効果的です。

  • 物件探しを始めたばかりで、予算や希望条件がまだ定まっていない場合
  • 購入を急いでいる場合
  • 複数の金融機関から比較検討したい場合
いそむ

住宅ローンの仮審査は住宅購入の第一歩です。
早めに仮審査を受けておくと後の工程が楽になります。

いーちご

どの金融機関で借りるか?を探すの大変。。。

いそむ

次で利用したサービスを紹介します。

住宅ローンの比較・申込ができるサービスのおすすめ

住宅ローンを選定するに当たって、色々と情報を探し回りました。

その中でも使ってみて良かったと思ったサービスがこちら ↓↓

この『モゲチェック』は、住宅ローンの比較・申込ができるサービスです。

全国100以上の金融機関から住宅ローン商品を比較することができ、最短翌営業日に仮審査結果を受け取れます。

使い方はとても簡単で、物件価格、自己資金、購入予定の物件所在地、年齢などを入力すれば、おすすめ先と金利、実施中のお得なキャンペーン情報をまとめてくれます。

とりあえず試しに入力してみるだけでも「今現在の金利が安い金融機関はどこか?」がわかるので、最終的にモゲチェック経由で審査を申し込まなかったとしても利用するメリットはあると思います。

以下がモゲチェックのサンプルです。

モゲチェックの入力例(1)
▲モゲチェックの入力画面
モゲチェックの入力例(2)
▲オススメ金融機関、金利、キャンペーン情報等

なお、モゲチェックのサービス内容は大きく分けて以下の3つあります。

住宅ローン比較

モゲチェックでは、全国100以上の金融機関から住宅ローン商品の比較ができます。

金利や返済期間、諸費用などの条件で比較し、自分に合った住宅ローンを見つける事ができます。

仮審査

モゲチェックでは、インターネットで簡単に仮審査を受ける事ができます。

仮審査は、本人情報や収入・勤務先情報などの入力だけで完了します。

仮審査の結果は、最短翌営業日にメールで届きます。

住宅ローン申込

モゲチェックでは、仮審査の結果が承認されたら住宅ローン申込ができます。

インターネットで簡単に仮審査や申込ができる為、手間をかけずに住宅ローンを借りることができます。

いそむ

この比較サービスは、どの銀行が金利安いのか?とか、キャンペーンどんなことやってるのか?の情報収集にとても役立ちました。

いーちご

あと、ウェブサイト内の『住宅ローンを学ぶ』という不定期更新のブログ記事も住宅ローンの動向を知るのに参考になりました!

いそむ

住宅ローンは人生において非常に大きな買い物なので、色々と比較して最終的に自己判断して後悔の無いようにするのが大切だと思います。

¥1,100 (2023/02/16 22:22時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

↑ リノベーションに関するアレコレが書かれていて参考になります。おすすめの本です!

住宅ローンの審査の注意点

物件が決まっていないと仮審査を受けられない金融機関も一部ある

最近はほとんどが大丈夫らしいのですが、金融機関によっては物件が決まっていない状態での仮審査が受け付けてもらえないところもあるようです。

あなたが住宅ローンの融資を受けたいと考えている金融機関が、物件が決まっていなくても仮審査を受けられるかどうかを事前に確認すると良いと思います。

メインバンクだと有利!とかは無さそう

インターネットのどこかで「給与振込で利用しているメインバンクだと住宅ローンの審査が通りやすい」等と聞いた事があったのですが、実際はそんな事はありませんでした。無慈悲です。

どちらかと言うと、銀行側の融資担当者さんの匙加減が大きい気がしますので、上記で紹介したおすすめサービスやリノベーション会社の担当者から勧められた銀行を中心に、複数の金融機関を当たってみましょう。

仮審査を通っても本審査に落ちる可能性はある

仮審査の結果がOKだったとしても、本審査で落ちる場合があります。

本審査では、仮審査で提出した書類に加えて収入状況や勤続状況などの詳細な審査が行われるので、仮審査で問題なかった項目でも本審査では問題となる事があります。

具体的には、以下のような場合に仮審査の結果が変更される可能性があります。

  • 収入や勤続状況が仮審査の時点では安定していたが、本審査の時点で急変した場合
  • 仮審査の時点では問題なかったが、本審査で新たに問題が発覚した場合

また、仮審査が通っても本審査で落ちる可能性があるケースとしては、以下のような例があります。

  • 収入や勤続状況が仮審査の時点では問題なかったが、本審査の時点で基準を下回った場合
  • 住宅ローンの利用目的が仮審査の時点では問題なかったが、本審査の時点で基準を満たさなかった場合

仮審査を早めに受ける事で物件探しや複数の金融機関からの比較・検討を効率化することができますが、審査結果が変更される可能性がある事や、審査に落ちる可能性がある事を理解した上で、仮審査を受けるようにしましょう。

いそむ

実は、仮審査が通ったのに、本審査で1カ所ローン金額の下方修正(=審査落ち)をリアル体験しました。
ご興味ある方は【本審査に落ちた話】の記事をご覧ください。

いーちご

仮審査はあくまでも『仮』なので、本審査落ちしないよう、余裕を持った資金計画にするのがおすすめです。

まとめ

住宅を購入する際には住宅ローンを利用するわけですが、取り扱っている金融機関がたくさんあるので、

いそむ

たくさんありすぎ問題。
どこにすればいいのやら。。。

と、すごく迷いました。

結論から言うと、

  • リノベーション会社の担当者から勧められた銀行
  • 比較サイトで上位だった銀行

を中心に、複数の金融機関を比較サービスのウェブサイトで探しました。

振り返ってみると、住宅ローンに関しては『いくつかの金融機関に審査を依頼する』事がとても重要なのではないかなと思います。

その他、住宅ローンの金融機関を探す注意点としては、

  • 物件が決まっていないと仮審査を受けられない金融機関も一部ある
  • メインバンクだと有利!とかは無さそう
  • 仮審査を通っても本審査に落ちる可能性はある

と言うことがわかりました。

これらの情報をご参考に、リノベーション会社の担当者さんと相談しながら良い借り先を見つけてください。

また、別記事で我が家の住宅ローンに関する一通りの体験談をまとめましたので、ご興味がありましたら、以下の2記事も併せてチェックしてみてください。

この記事がお役に立てば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました!


『106号室ブログ』の応援をお願いします

住宅ローンはどこで借りるかをどうやって決めた?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントをお待ちしています!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次